原因と症状

上手に餌を与える方法

猫にキャットフードを与える際は、一日分の餌をまとめて与えることはやめましょう。
飼い主側にしてみれば、いつでも好きな時に好きなだけ食べられるようにという勘違いしてしまいがちですが、猫にとってはダラダラ食いになってしまい、健康面でも衛生面でもよくありません。
人間と同じで、いつでもダラダラ食べているとすい臓に負担がかかります。

食べたいだけ食べるので、肥満の原因にもなります。
決められた量を決められた時間に食べるように、規則正しく与えましょう。
猫の健康維持に規則正しい食生活は大切です。

また、猫が欲しがるものばかりを与えたり、人間の食べ物を与えてはいけません。
猫が、糖尿病や高血圧、心臓病など、人間と同じ疾患に苦しむのは、飼い主のずさんな食事管理が原因のひとつといえます。
幼い猫や高齢猫は、一回にあげるキャットフードの量を少なめにし、数回に分けて与えるなどの工夫をしましょう。

猫にも、好き嫌いの激しい子やほとんど好き嫌いのない子がいます。
食べて欲しい餌に限って拒否する事があります。
そもそも好き嫌いがない子は何でも食べてくれますが、好き嫌いが激しい子は何があろうと頑として食べてくれません。

このような子に餌を食べてもらうには、少し工夫が必要です。
どんなに好き嫌いが激しい猫であっても、空腹には耐えられません。
お腹が空いた頃合をみて餌をあげると、意外にガツガツと食べてくれます。

反対に、食欲旺盛でおかわりをねだってくる子もいるでしょう。
その時、かわいい愛猫なのでついついたくさんキャットフードをあげすぎてしまうと、どんどん太っていってしまいます。
肥満になると当然ですが、健康体とはいえないため病気にかかりやすくなります。
肥満になる前に食事の量を調節してあげることが一番ですが、すでに太ってしまった子には満腹感をサポートしてくれるキャットフード に置き換えてみてはいかがですか?
いきなり食事の量を減らすのは猫にとってすとれすになってしまいますので、低カロリーや満腹感サポートのキャットフードに変えて少しずつ減量させていくのが大切です。

猫の健康管理は飼い主の責任です。

このページの先頭へ