原因と症状

キャットフードの価格を比較する

ズバリ!1㎏~2kgが1,000円以下のドライフードは危険といえます。
容量に対して価格が安すぎます。
品質の良いフードはだいたい500gあたり1,000円前後が相場です。

病気や疾患に対応した療法食になるとかなりの価格になりますが、それでも、500g1,500円以内です。
安すぎるフードは危険がいっぱいです。
粗末な原料を使い、危険な物質をめいいっぱい投入し、ずさんな製造工程を経て作られるのです。

キャットフードは開封すると日に日に風味が落ちてきます。
多頭飼いを除き、出来るだけ容量の少ないフードを選んで与えるようにしましょう。
キャットフードを選ぶ場合は、価格を優先するのではなく、必ず品質で選ぶことが大切です。

飼い主にとって、安価で大容量のフードは財布にも優しく、たくさん入っていることから、魅力的なものです。
ここで考えるべきは、飼い主の都合が優先なのか、猫の健康が優先なのかです。
現在のペットフード産業は、「どうでもいい」状態です。

特別厳しい規制のないペットフードに関しては、なんでもありの野放し状態です。
猫は自分で食事を選ぶことが出来ません。
どんなに劣悪なフードを与えられても、それしか食べることが出来ません。
価格重視のフード選びはやめましょう。

このページの先頭へ