原因と症状

キャットフードの中には危険なものもある?

4Dミートとは、死亡した家畜、病気で死亡した家畜、負傷した家畜、死にかけている家畜 のことです。
4Dミートの皮や羽、頭、足、骨、血液などの非食用臓器類で作られたフードを食べ続けていると、やがて重大な病気を引き起こします。
危険なフードはこればかりではありません。

有名なメーカーや高いフードでさえ、猫にとっては危険なものばかりです。
キャットフードは、どのようにして作られているのか、実際に自分の目で確かめる事が出来ないため、何が良いのか悪いのかの判断が出来ません。
天然や無添加のキャットフードといいながら、保存料や着色料が当然のように使われていたり、
安全なフードなど存在しないといった方が正解かもしれません。

危険なキャットフードは、とにかく安価で副産物や酸化防止剤が使われているもの。
お手頃な値段の缶詰やウェットフードも危険がいっぱいです。
安全か否かは、飼い主自身がまず毒味をすることです。

愛する我が子に危険なものを与えられますか?
市販のウェットフードはかなり塩分が強いものがあります。
一口なめて「オエッ!」となるものなど、与えられやしません。
フードの原材料表記に危険な成分が表示されていないとしても、悪質な原材料を使用している場合があります。
フード選びは慎重に。

このページの先頭へ