原因と症状

無添加で安いキャットフード

無添加で安いキャットフードであれば良いのでしょうか。
激安粗悪なキャットフードは、食品廃棄物に添加物と破棄油脂によって無理矢理味付けがされたもので、1㎏で300円もしません。
これ以下で、4Dミートを使用したり、動物の健康を脅かすフードが可愛いパッケージでごまかされて市販されているのが現状です。

であれば、無添加フードをと考えますが、無添加とは名ばかりで実際には添加物たっぷりの無添加フードが存在しているのです。
ペットフードには法律による厳しい規制がないため、どんな原料をどんなふうに製造しても、どんな表示をしても自由なのです。
あまりにも激安で「無添加フード」という表示がある場合には注意しましょう。

無添加フードならば、400g~500gでおよそ1,000円~1,500円ぐらいが相場です。
これ以下の価格で販売されているものは粗悪品である可能性が高いです。
残酷な話ながら、猫が実際に食べて、何らかのアレルギーなどが発症した場合、無添加フードではない証明です。

原料に化学物質や農薬が残留していると考えられます。
高品質な無添加フードは決して安くはありません。
大切な家族の健康を維持するのに使うお金は、病気になってからかかるお金とは比べ物にならないほど安いものです。

このページの先頭へ