原因と症状

猫の種類別キャットフードを比較する

以前は、種類別に分けることがなく、同じキャットフードを与えていましたが、最近では、種類ごとに特徴や体質の違いによって、それぞれに適応したフードが与えられるようになりました。
たとえば、ずんぐりとした体に長く密集した被毛、短い足が特徴のペルシャ猫やチンチラ、ヒマラヤンは、皮膚や被毛の健康を維持して皮膚のコンディションを保つことが大切です。
さらには、ヘアボールをケアするための食物繊維。

長毛であるペルシャ系統は、グルーミング時に飲み込む毛の自然な排泄が必要です。
舌の裏側を使って食べるというペルシャ、チンチラ、ヒマラヤンが食べやすい粒であること。
長毛の種類にはこれらの特徴に合わせたフードが必要になります。

この他、メインクーン、シャム用のフードがあります。
メインクーンは、心臓の健康維持に配慮したタウリン、DHA、EPAが必要であり、健康な骨と関節の維持、バランスの良い栄養素で健康な被毛を維持する必要があります。
筋肉質なシャム猫には、消化性の高いたんぱく質が必要です。

消化率の高いたんぱく質を含み、健康的な消化を促すためのフードを与えることが大切です。
さらに、独特の鼻口部に合わせた粒のフードであることが必須です。
このように、それぞれの特徴と体質に合わせたフードを与えることで、より良い健康状態が維持出来るのです。

このページの先頭へ