原因と症状

キャットフードと年齢の関係

0歳から12ヶ月間を「成長期」とされ、猫は生後約6週間ほどで乳離れをします。
わずか1年ほどで成猫へと成長し、維持期へと入ります。
成長期は、子猫の筋肉や骨格、内臓の組織が発達する大切な時期であり、その後の猫の健康を左右する大切な時期であるため、この時期の食事は十分に気を配りましょう。

維持期に入ると、猫の一生のほとんどを占める成猫の時期です。
この時期も成長期と同じように食事は気を配る必要があります。
この時期は、下部尿路疾患を起こしやすい時期でもあり、去勢・避妊手術をした猫は太りやすくなりますので、それぞれに合わせた食事が必要となります。
カロリーが気になる愛猫におすすめのキャットフードはこちらで紹介されていますので、是非参考にしてみてください。

この時期に粗悪なキャットフードを与えてしまうと関節や腎臓に影響を与えてしまい、
高齢期につらい思いをさせてしまいますので、品質の良いキャットフードを与える必要があります。
猫の老化は7~8歳頃から始まります。
猫の高齢期です。

個体差はあるものの、体に弊害が出始めるのもこの頃です。
高齢猫は体力が衰えてくるため、運動不足になりがちです。
運動不足や腸の働きが低下し、便秘になりやすいので腸内環境を整える食事が必要です。
腎臓の働きも低下し、関節、目の衰えなど、さまざまな疾患が起こりやすくなります。
高齢になればなるほど、食事だけでなく、徹底した健康管理が必要です。
また、こちらのキャットフードのドライタイプとウェットタイプについての記事も参考にご覧ください。

このページの先頭へ