原因と症状

消化しやすい無添加キャットフード

無添加とは、特定の物質が使用されないことを表します。
無添加キャットフードといいながら、安全性が確認出来ていない天然由来の物質を使用している事も少なくありません。
無添加といえばすべてが安全であるとも限りません。

無添加キャットフードは、食いつきを良くするためのフレーバーなどを使用していないため、猫が喜んで食べるような嗜好性はありません。
良質な動物性たんぱく質が含まれない、栄養バランスの悪い粗悪なフードに慣れてしまった猫は特に無添加フードを受け付けない傾向にあります。

最近の無添加フードは、良質な原材料を使い、製造工程で工夫をこらす事で猫も喜んで食べるようになっています。
新鮮で高品質なフードは、消化しやすいのが特徴です。
消化・吸収率の高いフードは、猫の体に負担がかからず、新陳代謝を促し、健康を維持します。

猫は、特定のアミノ酸をたくさん必要とするため、タウリンやアルギニンなどは食事で十分に補う必要があります
無添加フードは消化しやすく、肉食である短い腸の猫に優しく出来ています。
無添加と記載されているだけで、無添加でない粗悪品も存在します。
信頼のおけるメーカーから信頼おけるフードを購入しましょう。

このページの先頭へ